ホーム四輪アライメント

四輪アライメント調整 | Wheel adjustment

 

 

 クルマはいくら高性能なエンジンを搭載しても、足回りが不完全ならば満足な走りは実現できません。

 アライメントを行いサスペンションを安定させることで、クルマの走りは驚くほど向上します。

 タイヤの偏摩耗防止、ハンドル操作の軽減、直進での安定性などそれぞれのアライメントが大切です。

 

 ➜ハンドルから手を放すと左右どちらかに流れてしまう。

 ➜ハンドルが重たくて操作しにくい。

 ➜タイヤの偏摩耗が起こる。(外ヘリ、内ヘリなど)

 ➜直進時に安定性がない。

 ➜車高をずらした。

 

 例えば、これらの症状がある場合アライメントが適切でない可能性があります。

 タイヤの性能はこんなものなのか?乗り心地はこんなものなのか?ロードノイズはこんなものなのか?

 今まで考えもしなかった足元の性能に着目することで、車の性能がワンランク上がったようなフィーリング

 をお感じいただけると思います。

 

 まずはお気軽にご相談下さい。 ⇒ お問い合わせはコチラ

■アライメントが必要になる理由

 アライメントが狂ってしまう原因はいくつもあり、

 縁石を踏んでしまったり、事故にあってクルマを修理した時はもちろん、

 サスペンションやホイールを変更したりしただけでもアライメントは変化します。

 例えばホイール変更で見た目はよくなっても、タイヤの偏摩耗が起こったり、

 今ひとつ走りが安定しなくなったなどという声をよく聞きます。

 アライメントはトー角、キャンバー角、キャスター角の3つの角度によって

 構成され適切な角度で機能してはじめて本来の走行性能を発揮できるのです。

 

この3つの角度が狂っているとタイヤが偏磨耗したり、
直進性が失われたり、ハンドルが流れる症状やコーナーリングが不安定になったり、

ブレーキをかけるとハンドルが取られ、ハンドルが落ち着かないなど様々な症状が出てきます。

■ファインテクニカルのアライメント調整

  アライメント調整はキャンバー角、トー角、キャスター角を正確に測定、調整して

 走りの安定性を取り戻すことが大切です。

 アライメントはメーカー、車種ごとに適正とされる角度は異なってきますし、

 中古車、並行車などは本国の右側通行のアライメントデータの

 そのままになっていて、左側通行の国内では異常にハンドルが

 左に流れてしまうなどというトラブルもあります。

 

 

  アライメントはテスターを用いて正確に測定を行うことと同時に、メカニックの経験、

 技術力でクルマごとに適切なアライメントに調整することが求められるのです。

  ファインでは経験豊富なメカニックが調整前後の試運転から、調整作業、調整後の説明まで

 一般のカーショップでは行わない作業まできめ細かく作業を行っていきます。

 アライメントでのお悩みがございましたら、是非ファインまでご相談下さい。

 

四輪アライメント料金

基本調整測定

 30,000円~

※車種によって料金は変わってくる場合もございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。 

 

 


 

お問い合わせのご案内

お電話でのお問い合わせ

047-701-1322

 メールでのお問い合わせ

営業時間

9:00~18:30

定休日

水曜・祝日

工場へのアクセス

MAP

お車の修理・車検・板金のご相談は安心のボッシュカーサービス・ファインテクニカルへ