ホームエアコン修理

エアコン修理のご案内 | air conditioner

 

 エアコン修理はファインテクニカルの最も得意な整備メニューです。                

 車内に快適な空間を作り出してくれるエアコンはドライビングライフには必要不可欠な機能の一つです。

 近年では空気清浄機能やマイナスイオン発生機能までついているエアコンがあるなど、

 ますます便利になっていく一方で、エアコンのトラブルも増加、複雑化する傾向にあり、

 電気の専門家の知識なしに診断することはますます難しくなっています。

 

 エアコンが故障すると主にこのような症状が出てきます。

 

 ■エアコンの効きが悪い・・・。

 ■ガスチャージをしたのにすぐ効かなくなる。

 ■エアコンから異音・異臭がする。

 ■風量・風向・温度の調整が正常に作動しない。

 

 エアコンの故障は時間の経過とともに修理が難しくなったり、交換する部品が増えてしまい

 高くついてしまうことにもなりかねません。

 エアコンの気になる症状をお感じになられたらお早めに専門家のファインへご相談下さい。

 25年以上に渡り電装整備会社も経営しているノウハウで迅速にリーズナブルなエアコン修理を行います。

 

 まずはお気軽にご相談下さい。 ⇒ お問い合わせフォーム

■エアコン症状・修理例

 【エアコンガス漏れ】

エアコンの故障原因でもっとも多いのは、やはりガス量の問題です。

エアコンはガスがしっかり入っていることで正しく機能するものなので、

ガス量が少なくなり圧力が保てなければコンプレッサーが回らなくなって

しまいます。ガス漏れが疑われる場合、エキパンバルブ、コンプレッサー、

エバポレーター、各種ホースからの漏れがないか検査器を使い確認していきます。

大きな漏れが無ければガスチャージを行うことで効き目は回復します。

年に一度、カーエアコンをよく使う季節の前にはガス量の点検を行うことを

おすすめ致します。

 【エアコン動作不良・異音異臭】

風量、風向、温度調整などの操作類に異常が見られる場合には、

各スイッチ、バルブ、センサー類などが原因として考えられます。

異臭が気になる場合はホコリやダニが原因として考えれますので

エアコンフィルターの交換をおすすめしています。

また、異音の原因としては通常はコンプレッサー回りやファンが付いている

箇所からの音が原因として多いです。

 【専門的エアコン修理】

エアコン不調はエアコンのガス漏れだけではありません。

エアコンの心臓部とも言えるコンプレッサーの不良など不調原因は他にも多くあり、

レシーバータンク、コンプレッサー、エバポレーター、エキスパンションバルブ、

コンデンサー、ファン回りなどの問題箇所を的確に発見し整備するには熟達した

専門家による診断が重要なってきます。

 

よくある症状

考えられるトラブル

冷えない

エアコンガス量の不足、ガス漏れ、パイプ・Oリングの破損など

異臭がする

フィルター、エバポレーターの汚れ

異音がする

コンプレッサーの不良

風量が少ない

フィルター、エバポレーターの詰り

温度、風向きの調整不調

センサー系の不良
その他 圧力スイッチ、ヒューズ、ファン、マグネットの不良など

■エアコン修理事例

ベンツ コンプレッサー交換

 エアコンから「カタカタ」と異音がするとの症状でご入庫頂きました。

 エアコンで異音がするトラブルですと通常はコンプレッサー回りやファンが付いている箇所に

 原因があるのですが、今回も診断の結果コンプレッサーの交換となりました。

 コンプレッサーはエンジンを動力としてベルトで回っていますので、異常が出ると

 エンジンの回転に比例して音が出てしまうことがあるのです。

 

BMW 540 エバポレーター交換

 ガス漏れの症状でご入庫頂き、診断した結果エバポレーターからガスが漏れていたので

 エバポレーターの交換修理を行いました。

 室内を大がかりにバラして、ケースの奥にあるエバポレーターを交換します。

 同時にエキスパンションバルブ、リキッドタンクも合わせて交換しました。

 真空引き、ガスチャージを行い漏れが無いことを確認して完了です。

 

ポルシェ カレラ レトロフィット

 レトロフィットは旧型のR12のガスを使用するお車を新型のR134ガス適用のお車に改造する

 作業です。R12は製造が既に中止され入手も困難ですし、環境負荷も大きいのです。

 またガスチャージの料金もR134に比べて倍の料金がかかってしまいます。

 R134対応に変えると沸点が変わるので使用圧力が変わること、オイルも変更が必要なこと、

 チャージを行うボートの形状が変わってくることなどには変更後、注意が必要です。

 

ポルシェ 低圧配管交換

 エアコンシステムの心臓部ともいえるのがコンプレッサーです。

 コンプレッサーにガス漏れや焼き付けと言ったトラブルが起きてしまうと

 いくらガスチャージをしてもエアコンの効きは回復しません。

 低圧配管に詰りの症状もありましたので、合わせて交換しました。

 

ベンツ Cクラス ブロアレジスター交換

 エアコン不調でご入庫頂き、原因を探ったところエバポレーターからの漏れが原因でした。

 パネルをバラしてエバポレーターを交換していきます。

 今回は風量調整機能にもトラブルがあり、レジスター・ブロアモーターと点検していき、

 モーターの不良を断定して交換しました。

 ベンツのエアコンではエバポレーター、ブロアレジスターはトラブルが多い箇所でもありますで

 不調をお感じになられましたらお早めにご相談下さい。

■専門家だから高度なエアコン修理も迅速にご対応いたします。

 「エアコン修理なんてどこでも引き受けてくれる。」と言う方もいらっしゃると思いますが、

 ディーラーや他の整備工場はほとんどの場合、電装専門店へ外注で仕事を委託しています。

 実際、ファインでもディーラーや整備工場、中古車販売店などから多くのお仕事を頂いております。

 エアコン修理などの電装整備はそれだけ部品点数も多く、とても特殊な専門作業なのです。

 最近では電装の専門家ではなくてもエアコン修理を行っている工場もあると聞きますが、

 しっかりとした故障原因の特定が出来なければ、何度ガスチャージや修理を行っても

 一時的な回復しか見込めず、結果的に2重3重の金銭負担を強いられることにもなりかねません。

 

 25年以上に渡り電装整備専門会社を経営してきたファインテクニカルには、

 エアコンの修理・診断に絶対の経験とノウハウがありますので、

 高度なエアコン修理でもリーズナブルでスピーディなご対応をすることができます。

    

 輸入車ユーザーの皆様はもちろんの事、国産車ユーザー様、業者様でも

 また他店で断られた難易度の高いエアコン整備でもまずはお気軽にご相談下さいませ。

 

 エアコン点検

 8,000円~

 ※点検後、当社でエアコン関連の修理をなされた場合は点検費用は無料サービスとなります。

 

    

 


お問い合わせのご案内

お電話でのお問い合わせ

047-701-1322

 お問い合わせ

営業時間

9:00~18:30

定休日

水曜・祝日

工場へのアクセス

MAP

お車の修理・車検・板金のご相談は安心のボッシュカーサービス・ファインテクニカルへ